禍福は糾える縄の如し―とある戦標2A型の最期とその乗組員達―

 fold3.com より、攻撃を受ける戦時標準船2A型。撮影場所や時期などは記されておらず、出典は第307爆撃隊の記録らしいが、この攻撃を行ったのが同隊かどうかは詳らかではない。

Fold3 Image - 314294965

 しかし、物好きも長く続けるとなんとなく分かるものである。応急油槽船2ATに分類される永享丸(日本郵船,6,984総トン,播磨相生建造)だろう。同船はミ19船団に加入してマニラからボルネオのミリに向かう途中の1944(昭和19)年10月14日0200頃、第三船倉右舷に被雷する。攻撃したのはUSS Dace(SS-24)であった。
 機関に損傷はなかったため航行は続けたものの、直径8メートルの大破孔からの浸水に排水作業が追い付かず、16日にブルネイ湾港にあるラブアン島ビクトリア港内に擱座させた。連合艦隊泊地のため、位置選定には手間取ったという。

 擱座した永享丸(推定)。10月22日、レイテに向かう第一遊撃部隊をここから見送ったのだろうか。
Fold3 Image - 314278300

 早々に種明かしをしてしまうと、何故判るかと言えば「そう書いてあるから」で、状況的にも符合するから、と言ったところだろうか。
Fold3 Image - 314284473

 同様にそう書いてあるので、第307爆撃隊の攻撃であることも分かる。擱座した永享丸の乗組員は修理も思うに任せぬまま船内の食料が尽き、連日の空襲に加えて12月8日の大空襲で至近弾数発を受けて機関室まで浸水し、ついに12月16日総員退船となった。

 被雷時に機関長が行方不明となったが、この時点で他の乗組員57人は全員生存していた。ブルネイからミリに向け、およそ200km弱をトラックと徒歩で移動したのが12月末。ついで700km余り離れたクチンに到着したのは、年明けて1月末であった。
 クチンにも日本への便船はなく、乗組員達はやむなく危険を承知で機帆船を借りてシンガポールを目指した。直線距離でおよそ700km、少なくとも4昼夜は要したのではなかろうか。機帆船がシンガポールにたどり着いたのは、2月9日のことであった。

 しかし、シンガポールでも便船は見つからなかった。上陸翌日の2月10日、北号作戦の帰途に就く戦艦伊勢への便乗は断られた(2/20呉着)。その一週間後、第二建川丸(戦標2TL)にも断られた(2/22仏印沖触雷沈没)。
 4名ほどは便乗ではなく乗務として飯野海運の永昭丸(戦標2TM)に乗船し、日本を目指した(3/1高雄港内被爆沈没,永享丸乗組員1名戦死)。おそらく日本郵船を退職して飯野海運に就職、という形を取ったのだろう。他の乗組員の中にも、履歴書を書いて海軍の運輸部などに就職した者があったらしい。

 それでも辛抱強く日本への便船を待っていた永享丸乗組員に、ようやく乗船の機会が巡ってきた。3月25日に出発する(日本郵船戦時戦史永享丸の項記述,実際には28日出港)日本郵船の貨客船に、便乗29名と乗務3名の計32名が運良く乗り込むことができた。

 一方で運の悪いことに、その船の名は阿波丸と言った。

 この32名は台湾沖で阿波丸と運命を共にした(4/1被雷沈没)が、シンガポールに残った永享丸乗組員は、およそ1年後に日本の土を踏むことができたという。

空襲を受けて炎上する輸送船

 fold3.comより、1944年1月16日ダイオール島(ラバウルの北西約200km)の西方で炎上する貨物船。上段はカタリナ5機の爆撃直後、下段はその8時間後にB-24から撮影されたものらしい。ハッチ上に複数の大発が搭載されている。

Fold3 Image - 55702436

 同日の沈没船を調べるに、春幸丸(大同海運,4,027総トン)ではなかろうかと思う。船橋前の門型キングポストと、前後マスト左右の煙管型通風筒がそれらしく見える。「日本商船戦時遭難史」によれば、沈没位置はS2°23′ E149°46′となっている。乗船者30名、船員20名戦死。
春幸丸(大同海運,4,027総トン)
春幸丸(大同海運,4,027総トン)(画像出典:川崎重工業株式会社社史)

第21次ウェワク輸送船団

 fold3.com より、ニューギニア方面でA-20の反跳爆撃を受ける輸送船。「船舶砲兵」(駒宮真七郎,S52出版共同社)の表紙カバーに用いられたりでわりと知られている写真ではないかと思うが、裏書きに鉛筆で1944年3月19日とある。この日に空爆で沈んだ輸送船は2隻いる。

Fold3 Image - 47648859
Fold3 Image - 47648876

 大阪商船の八雲丸(3,198総トン)と栗林商船の大永丸(3,238総トン)がそれで、大きさも似ているが、形も似ていてよく分からない(八雲丸はストックボートの同型船)。キセル型吸気筒の長さ・配置と、武装の程度から大永丸ではないかと思う。
大永丸(栗林商船,3,238総トン)
大永丸(栗林商船,3,238総トン)(画像出典:三井造船株式会社三十五年史)

八雲丸(大阪商船,3,198総トン)
八雲丸(大阪商船,3,198総トン)(画像出典:石川島重工業株式会社108年史)

 一方、こちらはあまり知られていないと思うが、裏書きによれば同一日撮影のもの。船首の砲台や煙突後方の構造物から、先の写真と同一船舶(大永丸)と思われる。機関室左舷に反跳爆撃の直撃弾を受けたらしく、船橋も崩壊している。
Fold3 Image - 47648905

 撮影時刻は前後するが、デリックの状況などからこちらも同一船舶を撮影したものと考えられる写真。
Fold3 Image - 47648937
Fold3 Image - 47648967

 攻撃した側もどうやら大永丸だと考えているらしく、こちらの書籍にこの一連の写真と共に、攻撃を行った搭乗員の回想が記載されている。


-***-

 同じく1944年3月19日撮影、ウエワク付近で爆撃を受ける輸送船。裏書きより輸送船2、護衛艦艇3で、第21次ウェワク輸送船団の帰途と思われる。つまり、先の写真の輸送船とこの写真の輸送船が、それぞれ八雲丸と大永丸のいずれか。
Fold3 Image - 47648831
Fold3 Image - 47649038

 こちらはどうもB-24の水平爆撃で被弾しているようだ。

 この船団に攻撃を加えたうちの一つ、第823爆撃飛行隊の報告書。1隻しか船が出てこないことから、時間的に後で沈没した大永丸の方だろうか。
1944-06
(出典:1944-06(PDF), the 38th Bomb Group Association

Home of the 38th Bomb Group Association
 -folder 823rd AFHRA Documents

キスカ島残照

Fold3 Image - 46944949

 fold3.comより、砂浜に埋没する大発。状況から見てキスカ島、後ろで擱座している貨物船は野島丸(日本郵船,7,190t)だろう。

Fold3 Image - 46915528

 同じくキスカ島で爆撃を受ける貨物船。倉口の配置からしてぼるねお丸(大阪商船,5,863t)だろう。こちらもすでに擱座後のように見受けられる。

Fold3 Image - 46915408

 爆撃を受けるキスカ湾。上の方にいる輸送船は浦塩丸(川崎汽船,3,110t)だろう。野島丸が座礁後であれば、爆弾が着弾している付近ではないかと思う。
 有名な特殊潜航艇の基地は、先の写真下の方、桟橋と思しき細長い構造物のやや下に見える溝状の場所ではなかろうか。

 なお、ぼるねお丸はgooglemapでもその残骸が確認できる。



 野島丸と浦塩丸は、残念ながらgooglemapでは解像度の低い場所にかかっており確認できないが、現地で撮影された写真が登録されている。

野島丸 / 浦塩丸 -Google Maps

陸軍特殊船あきつ丸(改装前)

 fold3.comより、撮影日時不明、ニューブリテン島のどこかで撮影されたもの。キャプションに記載はないが陸軍特殊船あきつ丸の改装前の姿で、飛行甲板前縁が改装後より前に出てるように見える。

 ラバウル第1回目入港時(1942年12月1日)に撮影された、とされているのがこれだろうか。

Fold3 Image - 46947086

空襲を受けた日立造船桜島造船所

 fold3.com より撮影日不明の一枚、おそらく1945年5月以降。"Osaka"としかないけれど、これは日立造船桜島造船所。現在、同地はユニバーサル・スタジオ・ジャパンとなっている。

Fold3: Military Records

 造船所の船台と建造の様子が分かって面白い。右下の船渠にいるのは御蔵型(日振型)海防艦大津(未成)、一番上の船台にいるのが海防艦友知(未成)と思われる。右手を流れるのは安治川、上から順に戦時標準船2A型、その下に建造中の2E型、一番下の見切れているのは戦時標準船1C型だろうか。

WELCOME YANKEE

 世の中何事にも準備というものが必要であるが、やむをえない事情というものもまた存在する。ただ、若干方向性に疑義を呈せざるを得ないものも、時にはあるということかもしれない。パラオ、おそらく1944年、fold3.comより。

Fold3: Military Records

マニラ湾の落日(その2)

 fold3.comにあるだけのマニラ港の空撮写真から、沈没している商船を数えてみた。赤矢印が艀やタグボート以外のそれなりの大きさを持つ船舶と思われるもので、この4枚から少なくともa~z,A~Eの31隻が確認できる。これらの写真に写っていない分もあると思われるが。青矢印は岸側より沖波、初春、木曽。

出典:fold3.com

出典:fold3.com

出典:fold3.com

出典:fold3.com

 そして、私の分かる範囲でこれを記録のある沈没船リストと照合してみたところ、下記のような表となった。日本郵船戦時戦史や大阪商船などいくつかの社史はあたったものの、複数の同型船の特定には至らなかった。
 拿捕船については、その姿形も分からないのでどうやって判別したものか考えあぐねているし、どうやら戦後に位置を動かした船もいるようでますます分からない。

マニラ湾在港中に沈没した船舶

 戦没した船と海員の資料館にも海域別の戦没船が紹介されているので、我こそはと思う向きがおられましたら調査をお願いしたいところ。

戦没した船と海員の資料館
 海域毎の戦没船

マニラ湾の落日(その1)

Fold3: Military Records

 fold3.comより、1945年2月のマニラ港。日本商船隊の壊滅、という見出しが躍りそうな惨状である。右の一番手前は戦時標準船2A型、その左に岩城丸(鶴丸汽船,戦時標準船2E型)。2A型の右奥は二洋丸(浅野物産,戦時標準船1TL型)。

Fold3: Military Records

 少し引いた位置からマニラ港を見たもの。中央の一番遠くにいるのが極東丸、一番右奥が能代丸。中央で左舷を見せているのが金華丸で、その少し奥に軽巡洋艦木曽。

Fold3: Military Records

 日置丸(日本郵船,戦時標準船1K型)。防波堤の向こう側に横転しているのが妙義丸(東亜海運)、その向こうに軽巡木曽。

Fold3: Military Records

 防波堤付近の沈船群。手前は大福丸型ストックボートのように思われるが、同型3隻がマニラ港付近で沈没しているため特定は難しそうだ。右手奥から2隻目の油槽船は、1枚目にも写っている二洋丸。

Fold3: Military Records

 着底した川崎型油槽船極東丸(旭東丸,大八洲丸,飯野商事)、船尾から船首方向を見たもの。デリックのうち2本が鉄材節約のためトラス構造のブームになっている。

Fold3: Military Records

 能代丸(日本郵船)。沈船群の最南端にいる。

Fold3: Military Records

 軽巡洋艦木曽。改装で前甲板に装備された高角砲は、沈没後に陸揚げされたという。
 防波堤の向こう側に、戦時標準船2A型が2隻確認できる。2A型は5隻がマニラ港付近で沈没しているため、こちらも特定は難しそうだ。

Fold3: Military Records

 駆逐艦沖波。左奥に神国丸(栗林商船,戦時標準船1C型)が見える。

-***-

 ここからキャビテ方面。マニラ港より15kmほど南方に位置するので、いずれの艦船もこれまでの写真には写っていない。

Fold3: Military Records

 空襲を受けるキャビテ港。中央やや左下の小島で駆逐艦秋霜と曙、第5蓬莱丸が沈没することになるが、この写真では確認できない。あるいは沈没前の時期の撮影かもしれない。左奥の水面はバイ湖。

Fold3: Military Records

 左下隅に転覆した秋霜の船底が確認できる。1つ前の写真とは船舶の配置が異なるので、撮影時期も違う可能性が高い。

Fold3: Military Records

 奥のタンカーが第5蓬莱丸(蓬莱タンカー,戦時標準船2ET型)、手前のビルジキールを見せて転覆しているのが秋霜、その間で艦橋と前後煙突が見えているのが曙。

Fold3: Military Records

 キャビテで擱座放棄された給油艦洲埼。潜水艦の雷撃を受けて損傷した後、キャビテで入渠修理中に艦載機の攻撃を受けて大破したようだ。後甲板の12cm高角砲が天を睨んでいる。

-***-

 これらより少し後、1945年8月19日にマニラで撮影された病院船橘丸。そうか、ここにいたのか。

Fold3: Military Records

空襲を受ける輸送船

 fold3.comより、おそらく神寿丸(大光商船,3,192t)。1944年(昭和19年)5月20日香港から高雄に向け航行中、アメリカ陸軍機の空襲により被弾沈没。

Fold3: Military Records

 キャプションと手書きのメモによれば、第14航空軍の第308爆撃群 第375爆撃飛行隊がN21°02′ E116°48′で撮影したもの。
プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク