雑誌記事を執筆しました(学研の歴史群像2016年10月号)

 学研の歴史群像2016年10月号の片隅に、「戦標船捕鯨船団南氷洋を征く!」と題した8ページの記事を掲載して頂きました。内容はWeb版のダイジェスト、写真は水産会社社史のものですが、興味のある方は手に取って頂ければと思います。

 冊子版

 以前からインターネットの外の世界にも発信できればいいなと思っていましたので、このような機会があったことを幸いに思っています。今号から電子版も発売されるとのことで、いくつか掲載されていない記事もあるようですが、電子の海を自在に泳げる方はそちらでも。

 電子版(kindle)

パブリックドメインのリプリント

 ところで、amazonなどの書籍通販サイトで洋書を買う際の最大の欠点は、中身を確認できないことにあると思う。そんな時は往々にして、キーワードで検索をかけてヒットした本の表紙だけを判断材料に、目を瞑ってオトナ買いする羽目になる。

 さて、今試みにこんな単語でamazon.jpを検索してみると、このような結果が返ってくる。http://goo.gl/2cCAA  注目すべきは同じ題名の本が複数ヒットすることだが、実はこれらの本は、著作権切れでパブリックドメインになった本を、リプリントして販売しているのだ。

 先に例示した本の出典は、おそらくここだろう。http://goo.gl/biHPN  下手をすれば、このPDFをそのままプリントしている可能性すらある。個人的には、資料は電子データよりも紙に打ち出されたものの方が好きだが、この商売はありなのだろうか。まあ、楽譜などは有用かもしれないが。。。

 そういった商売をしている出版社の一つがここだが、表紙の使い回しにもほどがある。検索結果が200万件もあれば致し方ないのだろうが。 http://goo.gl/rHwdz  まあ、題名から推測できる内容と表紙が、あまりにも不一致な時点でおかしいと気づきそうなものではある。

まあ坊の綴り方 改訂増補版 伊23号潜水艦の真実―ある海軍機関兵の回想

 ふとこんな本をgoogleブックで見つける。

まあ坊の綴り方伊23号潜水艦の真実ある海軍機関兵の回想

 潜水艦の前に戦前特型駆逐艦の機関部に勤務していた方の回想で、特型の機関部の様子が良く分かる。缶清掃とか巡航タービンの嵌脱とか、通風口に洗濯物干して怒られたりとか、色々興味深い。

 自費出版されており、こちらでPDFが無料ダウンロードできるようだ。(サイト閉鎖確認)
プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク