戦時商船標準機関始末記(その1)

 1943年(昭和18年)、海軍艦政本部からの指示により三井造船は岡山機械製作所の建設に着工した。大型商船用の戦時商船標準機関、62VF型5,000BHPの製作を担当させるものだったらしい。年間60基30万馬力の一貫製造能力を有し、昭和21年完成の計画であったが、昭和19年に鋳物工場が稼動して玉野造機工場に一部製品の供給を開始したものの、終戦と共に閉鎖されている。

 戦前デンマークのバーマイスター&ウェイン(Burmeister & Wain)社のディーゼル機関のライセンス生産を行っていた三井造船であるが、この時製造していた機関は2サイクル単動トランク型の1062VF115―10(気筒数)/62(cm,気筒内径)/VF(形式名)/115(cm,行程)―であった。
 では、この機関がどの船に搭載されたかというと、陸軍特殊船の甲型摩耶山丸と玉津丸である。いずれも三井造船玉野工場で建造され、本機関を2基2軸として搭載し、昭和19年に相次いで喪失している。

 さて、戦い終わって1949年(昭和24年)。戦時中の仕掛品として残っていたものを集めて完成させた1062VF115が1基、ある戦時標準船に搭載されることになった。船の名前は第一日新丸、大洋漁業所属の捕鯨母船(戦時標準船3TL型)である。

捕鯨母船第一日新丸
捕鯨母船第一日新丸(大洋漁業,戦時標準船3TL型)

 それまで蒸気タービン船として就航していた第一日新丸であるが、終戦直後に艤装された悲しさ、戦後南氷洋初出漁となった昭和22年頃はパイプの接手やバルブでまともに締まるものがなく、蒸気が漏れ放題になっていたという。また、船内工場では鯨油採取用ボイラーで蒸気を大量に使うため、工場が稼動し始めた途端に母船の速度は3ノットまで低下した。仕方がないのでボイラー6基のうち半分の3基を止め、ようやく6ノットで走ったと伝えられているが、本機関搭載により改善されたことと思われる。

 話はここで終わらない。第一日新丸はその後、新母船日新丸の就役に伴い、一旦油槽船に改装されて錦城丸と名を変えるが、その後再び捕鯨母船に改装される。もはや戦後ではない、と経済白書が述べた2年後の昭和33年、再度川崎MAN製の最新型ディーゼルに主機を入れ替えることになった。

 ここで余剰となった1062VF115であるが、そのままお役御免とはならずに再度別の船に搭載される。お古を頂いたのも戦時標準船、大洋漁業の冷凍工船として就役していた永仁丸(戦時標準船2A型)である。こちらも、それまで装備していた蒸気タービンを換装するのが目的だったのだろう。

冷凍工船永仁丸
冷凍工船永仁丸(大洋漁業,戦時標準船2A型)

 永仁丸は昭和55年に解体されて一生を終えるが、その後機関を換装した形跡はない。戦標船2隻を渡り歩いた戦時商船標準機関も珍しいものだろう。

戦時商船標準機関始末記(その2)【2017/3/12改稿】

 戦後、第一日新丸以外にもう一隻戦時商船標準機関1062VF115を積んだ船がいる。同じく大洋漁業所属の第二天洋丸(戦時標準船1TL型)で、当初冷凍工船として竣工したものの、後にタンカー市場の好況を受けて油槽船に改装されている。

第二天洋丸一般配置図1
第二天洋丸一般配置図(出典:造船協會會報,Vol. 1951 (1951) No. 83)

 後部船橋に"MOTOR LAUNCH"なるものが4隻搭載されているが、鋼製大型発動艇とされる14mの方はどうやら旧陸軍で使用した大発そのものを搭載したようだ。では10mの方は小発かというと、こちらは木製らしいのでよく分からない。
 大洋漁業の冷凍工船乗組員の回想にも旧軍の大発は登場し、大発のW型になっている船首船底に波が入って猛烈に縦揺れした、とのことである。陸軍船舶部隊からの払い下げ品という主機は故障が多発し、予備エンジンと頻繁に交換したと伝えられている。

 なお、冷蔵倉は一見二重底に見えるが、工期の関係もあって非水防とのことである。

 62VF型には第一日新丸、天洋丸に搭載された10気筒5,400馬力の他に、先立って製造された12気筒6,500馬力のモデルがある。1262VF115と命名されたそれは、大阪商船の報国丸級貨客船3隻(報国丸,愛国丸,護国丸)に2基ずつ搭載され、いずれも海底に沈むこととなった。

 第二天洋丸は東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)、第一日新丸→錦城丸は翌昭和40年にそれぞれ解体され、その生涯を平和の中で閉じている。

-***-

 さて、この第二天洋丸であるが、本船は1TL型22番船大橘(だいきつ)丸(大阪商船)として、1944年(昭和19年)11月に川崎重工神戸にて起工、翌20年4月に進水したものの、5月に工事中止となって放置されていた。戦後大洋漁業が購入して名を改め、昭和22年6月に艤装工事を再開したものである。

 南氷洋捕鯨船団の附属冷凍工船としての艤装を調えるにあたり、未だ戦後の資材不足の続く中、装備の調達にはひとかたならぬ苦労があったようである。その一つが先に記した主機で、これも第一日新丸のものと同様仕掛け品を完成させたもののようだ。
 なお主機の生産番号順では第二天洋丸→第一日新丸で、三井造船では戦後の大型機関生産再開にあたり、始動式には紅白の幔幕がかけられ、喉自慢大会が開催されたという。

第二天洋丸一般配置図2
第二天洋丸一般配置図(中甲板)(出典:造船協會會報,Vol. 1951 (1951) No. 83)

 さらに、冷凍工船には冷凍設備、すなわち鯨肉を速やかに凍結させる急速冷凍装置と、そこで冷凍した鯨肉を保管する冷凍倉が必要になるが、この調達にも苦労の跡が見られる。一番の問題となったのは、冷凍機を運転する動力であったようだ。

 冷凍機は言ってみれば冷媒の圧縮機で、これは大洋漁業が手配したのだが、元々は陸上施設で使用していたものの転用らしい。これを動かす電動機がない。それまで使っていたものは使えない。なぜなら陸上施設の電源は交流、船舶の電源は当時ほとんどが直流だったからである。
 川崎がどこからともなく調達してきたのは、なんと航空母艦鳳翔のエレベーター用電動機であった。日立造船築港で解体された際の発生品であろうが、よくぞ見つけてきたものである。

 4基据え付ける冷凍機のうち、150馬力3基についてはこれで手当が付いたが、残る300馬力1基については、川崎で引き揚げた潜水艦の主電動機の改造に成功したのでこれを用いた、となっている。どうも定かではないが、建造中止の後枕崎台風により神戸沖で沈んだ伊号第一潜水艦 (2代)の主電動機を引き揚げてきたもののようだ。

 最後に、これら冷凍機の動力電動機に電力を供給する発電機である。これもない。やむを得ないので川崎お得意の潜水艦、この補助発電機を2基持ってきて缶室内に据えつけた。非常用発電機の2機と合わせて計4基の内訳は、2基が同じく伊1からの引き揚げ品、残り2基が仕掛品を完成させたものらしい。定格出力は冷凍機用/非常用がそれぞれ350/370kWとなっているが、いずれも元は巡潜などに搭載された400kW補助発電機であるように思われる。

 こうして6ヶ月で艤装を終え、第二天洋丸は第2次南氷洋捕鯨から5年間、冷凍工船として南氷洋に出漁した。昭和27年にタンカーに改装されたため、これら冷凍設備は撤去されたものと思われるが、その後も第7~17次南氷洋捕鯨に中積油槽船として参加している。

CiNii 論文 - 冷凍鹽藏船第二天洋丸の建造に就て

CiNii 論文 - 第二天洋丸の計劃に就て

「捕鯨戦艦長門」の由来について

 いわゆる「捕鯨戦艦長門」ネタがWeb上に初めて紹介されたのは、西暦2000年頃らしい。なぜ分かるかというと、02年当時ウチのサイトに小文を掲載するにあたり徹底的に調べた結果、このネタを紹介しているのは下記の1箇所しかなかったからである。

 捕鯨盛衰記02-3 (Webサイト:鯨と海の物語(閉鎖),The Internet Archiveより)

 2011年以降に閉鎖されたと思われるこのサイトに続く2番手がウチであった訳だが、このネタの源流をたどるとただ1人のところに集約する。大洋漁業株式会社で南氷洋捕鯨船団長も務めた故大友亮氏で、「スリップウェーのようなものがついた軍艦」を借りに行った2人のうちの1人である。

 大友氏の著書(私家版)に記されたものが1つと、業界紙に氏が記したものが1つ、他に(おそらく氏を取材して)新聞記者が書籍化したものが1つ、これら以外に「軍艦を借りに行った当時の状況を」「当人が」伝えているものは未見である。他にもしご存知の方があれば、お知らせ頂ければと思う。
(なお、最後の書籍には、その時の第二復員省側の応対者に渡辺安次元海軍大佐がいたようなことが書かれている。艦船運航課長及管船課長の肩書であったらしいので、辻褄は合うが確証はない)

 そして、そのいずれにも、大洋漁業が第二復員省(旧海軍)に戦艦長門を借りる、もしくは第二復員省が大洋漁業に戦艦長門を貸す、という意図があったと読み取れる部分はない。

 戦後、戦艦長門を捕鯨船に転用する“計画”があった!? 〈dot.〉|dot.ドット 朝日新聞出版
 (フリーランス・ライター 秋山謙一郎)

 やはり、夢は夢として楽しんだ方がよさそうである。私もちょっと面白おかしく書きすぎたな、当時はこんなに広まるとは思っていなかったのだけれども。

 戦標船南氷洋を行く 第一章 食料戦士の名の下に (Webサイト:天翔艦隊

-***-

 あと、この記者は何を資料にしてこの記事書いたんですかね。。。随所に間違いが見られるんですけど。。。

 【軍事情勢】マッカーサー→鯨→人間魚雷/長門→原爆実験 - SankeiBiz(サンケイビズ)
 (政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS)
プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク