輸送船時代の練習帆船日本丸

 AWMより、帆装を撤去して輸送船となっていた時代の練習帆船日本丸。場所はおそらく呉、時期は1950年とあり、舷側にSCAJAP No.が見える。

HOBJ0247,Australian War Memorialより
接岸中の日本丸(広島県呉市,Australian War Memorialより)

 日本丸と海王丸は昭和18年1月23日、横浜の浅野船渠へ入渠、すべてのヤードと1・2番船倉の固定バラストを陸揚げしている。撤去したヤードは浅野船渠隣の市営市場の片隅に保管されていたが、空襲で被弾して若干の損傷を受けた。終戦後の帆装復旧時に鋼製ヤードは使用に耐えるものと判定され、再び両船のマストに装備されている。

 一方、練習帆船大成丸はこれに先立つ昭和17年秋、三菱横浜造船所ですべてのヤードとゲルンマスト以上のマストを取り外し、固定バラストも陸揚げしている。このとき撤去されたマストとヤードは横浜の灯台局構内に保管されていたが、昭和20年10月に大成丸が神戸沖で触雷沈没後、昭和26年になって日本丸の帆装復旧に際して転用が計画されたが、使用不能と判定されて破棄されている。
 日本丸の帆装が復旧なったのは昭和27年5月、海王丸のそれは昭和30年12月であった。

HOBJ0248,Australian War Memorialより
同上(Australian War Memorialより)

 この時期の日本の練習帆船は、建造こそ国内の造船所であったが、設計は英国のラメージ・アンド・ファーガッソン社の手によるものであった。
 回想などをみるに、日本丸はどうも資金面から当初計画の270フィートから船型が縮小(船首部で10フィート短縮)されたにも関わらず、帆装図面は当初計画を若干手直ししただけで送られてきたらしく、担当者は改修に相当苦労したようだ。これがR&F社が手抜きをしたのか、発注元の文部省に問題があったのかは分からない。

HOBJ0246,Australian War Memorialより
同上(Australian War Memorialより)

 終戦後から帆装復旧に至るまで、日本丸と海王丸は引揚者の帰還輸送、そして朝鮮戦争勃発時には日本-韓国間の米国・韓国軍人の特殊輸送にも従事している。日本丸がこの特殊輸送に従事したのは昭和25年の夏以降なので、あるいはこの写真はそれに近い時期かもしれない。

荷役中の戦時標準船2D型

 Australian War Memorialより、呉で荷役中の戦時標準船2D型(→機関が2,500馬力タービンで、どうも3D型らしい)辰清丸。朝鮮戦争で弾薬の輸送を行っているところらしい。資材節約の為トラス構造になった、デリックの組立式ブームなどの艤装がよく分かる。
 奥に見えるトラス構造物は、旧呉海軍工廠の200tクレーンだろう。

HOBJ1241,Australian War Memorialより
 辰清丸(戦時標準船2D型,Australian War Memorialより)

 当時のハッチカバーの様子など。このように艙口に細長い木の板を何枚も掛け渡して蓋をし、最後に防水布をかけて縛る。

HOBJ1240,Australian War Memorialより
同上(Australian War Memorialより)

 その他、AWMにある辰清丸関係の画像はこちら

-***-

 デリックによる荷役は独特で、ブームを固定したままワイヤーロープの巻き緩めだけで貨物を移動させる。ブームを振るクレーンを見慣れた目には違和感があるかもしれない。


呉のLADY SHIRLEY

 Australian War Memorialより、旧海軍の飛行機救難船。奥に旧呉海軍工廠の200tクレーンが見えることから場所は呉、"LADY SHIRLEY"の名でイギリス連邦占領軍が交通船として使用していた、200トン型の公称1091号だろう。のち海上保安庁巡視船むらちどり。

146785,Australian War Memorialより
"LADY SHIRLEY"(旧海軍200トン型飛行機救難船1091号,Australian War Memorialより)

日本本土のセンチュリオン戦車

 Australian War Memorialより、国鉄の操重車(ソ31,広島駅常備)でセンチュリオン戦車を吊り上げ中。当時、中国・四国地方に駐留していたイギリス連邦占領軍が装備していたもの。ソ30形の吊り上げ能力は最大65t、センチュリオンは50t余の筈である。

148313,Australian War Memorialより
ソ31で吊り上げ中のセンチュリオン戦車(Australian War Memorialより)

148315,Australian War Memorialより
同上(Australian War Memorialより)

 1953年1月20日、場所は"Hiro"とあるので、広海軍工廠のあった広島県呉市の広だろう。シキ100に積んで"Haramura"に運ぶらしいが、広島の原村演習場であろうか。
 シキ100形は80tまで搭載可能だが、車両限界は大丈夫だったのだろうか。見たところ貨車からはさほどはみ出していないようだが、センチュリオンの全幅は3.4mほどある筈で、若干超過するように思う。

148317,Australian War Memorialより
シキ100に搭載されたセンチュリオン戦車(Australian War Memorialより)
プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク