禍福は糾える縄の如し―とある戦標2A型の最期とその乗組員達―

 fold3.com より、攻撃を受ける戦時標準船2A型。撮影場所や時期などは記されておらず、出典は第307爆撃隊の記録らしいが、この攻撃を行ったのが同隊かどうかは詳らかではない。

Fold3 Image - 314294965

 しかし、物好きも長く続けるとなんとなく分かるものである。応急油槽船2ATに分類される永享丸(日本郵船,6,984総トン,播磨相生建造)だろう。同船はミ19船団に加入してマニラからボルネオのミリに向かう途中の1944(昭和19)年10月14日0200頃、第三船倉右舷に被雷する。攻撃したのはUSS Dace(SS-24)であった。
 機関に損傷はなかったため航行は続けたものの、直径8メートルの大破孔からの浸水に排水作業が追い付かず、16日にブルネイ湾港にあるラブアン島ビクトリア港内に擱座させた。連合艦隊泊地のため、位置選定には手間取ったという。

 擱座した永享丸(推定)。10月22日、レイテに向かう第一遊撃部隊をここから見送ったのだろうか。
Fold3 Image - 314278300

 早々に種明かしをしてしまうと、何故判るかと言えば「そう書いてあるから」で、状況的にも符合するから、と言ったところだろうか。
Fold3 Image - 314284473

 同様にそう書いてあるので、第307爆撃隊の攻撃であることも分かる。擱座した永享丸の乗組員は修理も思うに任せぬまま船内の食料が尽き、連日の空襲に加えて12月8日の大空襲で至近弾数発を受けて機関室まで浸水し、ついに12月16日総員退船となった。

 被雷時に機関長が行方不明となったが、この時点で他の乗組員57人は全員生存していた。ブルネイからミリに向け、およそ200km弱をトラックと徒歩で移動したのが12月末。ついで700km余り離れたクチンに到着したのは、年明けて1月末であった。
 クチンにも日本への便船はなく、乗組員達はやむなく危険を承知で機帆船を借りてシンガポールを目指した。直線距離でおよそ700km、少なくとも4昼夜は要したのではなかろうか。機帆船がシンガポールにたどり着いたのは、2月9日のことであった。

 しかし、シンガポールでも便船は見つからなかった。上陸翌日の2月10日、北号作戦の帰途に就く戦艦伊勢への便乗は断られた(2/20呉着)。その一週間後、第二建川丸(戦標2TL)にも断られた(2/22仏印沖触雷沈没)。
 4名ほどは便乗ではなく乗務として飯野海運の永昭丸(戦標2TM)に乗船し、日本を目指した(3/1高雄港内被爆沈没,永享丸乗組員1名戦死)。おそらく日本郵船を退職して飯野海運に就職、という形を取ったのだろう。他の乗組員の中にも、履歴書を書いて海軍の運輸部などに就職した者があったらしい。

 それでも辛抱強く日本への便船を待っていた永享丸乗組員に、ようやく乗船の機会が巡ってきた。3月25日に出発する(日本郵船戦時戦史永享丸の項記述,実際には28日出港)日本郵船の貨客船に、便乗29名と乗務3名の計32名が運良く乗り込むことができた。

 一方で運の悪いことに、その船の名は阿波丸と言った。

 この32名は台湾沖で阿波丸と運命を共にした(4/1被雷沈没)が、シンガポールに残った永享丸乗組員は、およそ1年後に日本の土を踏むことができたという。
プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク