英国海軍飛行船―HMA No.1 "Mayfly"

 英国において"HMS (His/Her Majesty's Ship)"を冠する艦船を「英国軍艦○○」と和訳するのはよく見かけるが、"HMA"は何と訳するのが適当であろうか。His Majesty's Airship、英国海軍が建造した硬式飛行船に冠されたものである。

 1911年、ドイツのツェッペリン伯爵が初飛行を成功させたLZ1に遅れること11年にして、英国海軍初の硬式飛行船が完成した。その名もHMA No.1,英国海軍飛行船第一号―この簡素な制式名だけではなく、彼女はより一般的な愛称も持っていた―"Mayfly"である。

HMA No.1(Wikipediaより)
HMA No.1 "Mayfly"(出典:HMA No.1,Wikipediaより)

 これを「カゲロウ」と訳すべきか、「飛ぶかもしれない」と訳すべきかは迷うところ(!)であるが、これが英国流のジョークという奴なのだろうか。。。
 1911年5月22日、HMA No.1の記念すべき初飛行となるはずだった試験飛行は失敗に終わった。重すぎて浮揚できず、3tあまり軽量化してようやく1.2mほど浮かんだようだ。同年9月24日に、再び試験飛行が実施されることになった。

HMA No.1(Wikipediaより)
9月24日、格納庫から引き出されるNo.1(出典:HMA No.1,Wikipediaより)

 結論から言うと、この日も"Mayfly"は空を飛ぶことはなかった――そして、この日以降も永遠に。格納庫から引き出している最中に突風に煽られ、真ん中でポッキリ折れてしまったからである。

HMA No.1(Wikipediaより)
同日船体折損を起こしたNo.1(出典:HMA No.1,Wikipediaより)

 ちなみに、どちらの意味でもまさにうってつけとなってしまった"Mayfly"という愛称は、この事故の前からすでに付けられていたようである。個人的には、5月(May)の初飛行に失敗したあたりで、誰かが皮肉ったのがそのまま現実となってしまったのではないかと考えている。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク