全木製硬式飛行船の系譜(その3)

 第一次世界大戦時に硬式飛行船を運用していたイギリスも、ドイツのシュッテ=ランツ社から亡命してきた技術者の主導の下、R31・R32と2隻木製飛行船を建造している。

R31(The Airship Heritage Trustより)
R31(出典:The Airship Heritage Trustより)

 HMA R31の竣工は休戦協定締結直前の1918年11月となったが、この型は操縦室の後方に対Uボート用として12ポンド半自動砲を搭載していたことが特筆される。構造材にはスプルース(トウヒ)が用いられており、ニスを塗って耐火性を持たせていた。
 なお、試験飛行では、船体下部の竜骨両端に立った乗員の姿が互いに見えなくなるくらい船体がたわむことが分かったが、特に問題とはされなかったようだ。

R31(The Airship Heritage Trustより)
建造中のR31(出典:The Airship Heritage Trustより)

 試験飛行を終えたR31は、彼女の基地となるスコットランドのイーストフューチャーに向かう飛行中、縦舵の舵面に張られたキャンバス製の外皮が剥離して操縦が困難となり、ヨークシャーのホーデンに着陸して修理を行なった。

 その5日後に戦争は終わり、R31はそのまま格納庫で待機状態となる。不幸なことに、この格納庫はその直前に発生した火災で屋根を失っていた。応急的な修理は施されていたものの、雨漏りはR31の木質構造材と、その接着に用いられていた接着剤に致命的な損傷を与えることになる。

 強力な合成系接着剤の無かった当時、木質構造材の接着にはおそらく牛乳タンパクから抽出された、カゼイン系の天然系接着剤が用いられていたと思われる。この接着剤は、湿度100%の実験室環境下では24時間でほぼ100%剥離するものである。
#ちなみに、このカゼイン系接着剤は、第二次世界大戦時の木製機、デ・ハビランド モスキートにも使用されている

 R31の廃棄が決定され、解体時に発生した廃材は燃料業者に薪として売却された。総飛行時間は9時間に満たず、任務飛行時間はわずか4時間55分であった。
 なお、後に燃料業者は顧客からの猛烈な苦情を受けることになる。先述のとおり、R31の木質構造材には強力な不燃処理が行なわれていたからである。

 姉妹船R32の完成は戦後の1919年となり、アメリカ飛行船隊の乗員の訓練に用いられたが、資金的な問題から1921年に解体された。総飛行時間はわずかに210時間余りであった。

R32(The Airship Heritage Trustより)
R32(出典:The Airship Heritage Trustより)
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク