スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海軍主力艦(大改装前)の水圧ポンプ力量事情

 大正末期頃の金剛型~長門型の水圧喞筒機の数と馬力は次のとおりらしい。金剛・比叡・霧島450馬力3基、榛名650馬力1基+450馬力3基。扶桑450馬力4基、山城450馬力5基。伊勢・日向/長門・陸奥650馬力4基。(出典:戦前船舶第18号より)

アジア歴史資料センターレファレンスコード:C04015805200 36P
 昭和2年の第一艦隊戦闘運転報告より、戦艦伊勢。図面からも、砲塔を駆動する水圧ポンプは4基であることが分かる。下の方の所見によれば、能力的に「一斉打方」は大丈夫だけど、「斉発打方」は少々力量不足、らしい。
 なお、この当時、前者の用語は連装砲を左右交互に、後者は左右同時に発射する方法のこと。

 砲塔1基あたりの出力は金剛型337.5馬力(榛名500馬力)、扶桑300馬力、山城375馬力、伊勢型433.3馬力、長門型650馬力となる。14インチ砲艦のうち最も有力な伊勢でこのコメントであれば、自由装填と固定装填の違いはあれど、その7割の出力しかない扶桑の斉発は色々支障を来たすのではなかろうか。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。