戦艦扶桑―初の国産超弩級戦艦(その4)

 梯形配置と呼ばれる主砲の配置がある。弩級艦時代に限れば、艦形の拡大を抑えることを主として、なお首尾線方向への火力も確保する為のものと言える。特に港湾・修理施設や運河の制約により、幅や喫水の制限が厳しい英独で多用された。

英巡洋戦艦主砲配置(Wikipediaより)
英巡洋戦艦砲塔配置(出典:インヴィンシブル級巡洋戦艦,Wikipediaより)

 梯形配置の元をたどれば、前弩級戦艦の中間砲に行き着くことが出来るだろう。日独の戦艦のように、そのまま主砲と置き換えて亀甲配置にしてしまったものもある。ここから対角線の砲塔を撤去すれば、梯形配置となる。

戦艦キングエドワード7世級(Wikipediaより)
(出典:King Edward VII-class battleship,Wikipedia(en)より)

 オライオン級に至って、ようやくこれまでの幅と喫水の制限から開放され、艦形を拡大して13.5インチ砲を搭載すると共に、全砲塔が中心線配置となる。主として幅の増大により、重心の上昇が大きい前部主砲群の背負式配置が可能になったものと思われる。
 また、これまでどおり砲塔を舷側に配置すると船体強度に不安が生じること、防御面にも限界があることも理由であろう。

戦艦オライオン(Wikipediaより)
戦艦オライオン(出典:オライオン級戦艦,Wikipediaより)

オライオン級砲塔配置
(Wikipediaより)

 もっとも、英海軍にはまだ若干の迷いがあったのではないか、と思わせるものもある。巡洋戦艦ライオン級のQ砲塔―いわゆる第三砲塔―の弾薬庫配置は左舷側に偏っており、本来は舷側配置であったものを中心線配置に変更した名残、とも考えられる。(※この指摘は、私の知る限りWebサイト三脚檣の志郎さんが最初です)

巡洋戦艦ライオン(Wikipediaより)
巡洋戦艦ライオン(出典:ライオン級巡洋戦艦,Wikipediaより)

(出典:British Battleships of World War One, R. A. Burtより)
(出典:British Battleships of World War One, R. A. Burtより)

 さて、扶桑型の計画にはこの梯形配置案がいくつか存在し、そのうちの一つがA47案である。時期的には金剛型の計画時であろう、扶桑の計画番号はA64である。平賀譲デジタルアーカイブ 資料番号:2026 A47(4/12)
 このA47案の3/4番主砲塔を中心線配置とすると、実際に建造された扶桑の砲塔配置となる。艦形の拡大により、15インチ砲塔を中心線配置とする余裕が出来たからであるとすれば、非難轟々たる「あの」主砲配置の成立経緯として妥当なものではなかろうか。A47の全長(垂線間長)615ftに対して扶桑は630ft、その差は4.6mほどで、梯形配置による恩恵はあまりないようだ。
 なお、扶桑の3/4番砲塔の弾薬庫配置は中心線に対して左右対称である。

 結論として、扶桑型の砲塔配置は梯形配置の舷側砲塔が元になったもの、と言ってよいのではなかろうか。その是非は、建造当時の日本が置かれた状況を、またその後30年に渡って日本の国防を担う存在となった主力艦として、扶桑型をどう見るかによると思われる。
 扶桑の砲塔配置をただ欠陥と指摘するものは掃いて捨てるほどあるが、なぜあの砲塔配置を選ぶに至ったか、を記述したものを見たことがない。なぜだろう。

 戦艦扶桑。竣工から遡ることわずか10年前には日本海海戦があり、その時国産主力艦を持っていなかった日本からすれば、超弩級戦艦の建造まで長足の進歩を遂げたと言える。至らぬ点はあったと言えど、日本の古名を冠する戦艦を、十分な根拠なしに欠陥と断ずるのも悲しいものだと思う。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク