戦後日本の飛行船事始

 第二次世界大戦後に飛行船が初めて日本の空を飛んだのは、1968年9月のことであった。登録記号JA1001となった軟式飛行船「飛龍号」は、その愛称「キドカラー号」の方がより有名であろう。

 飛行船キドカラー号(出典:日広通信社より)

 日本海軍飛行船隊が1932年10月に訓練を中止して以来、36年ぶりに日本の空に登場したこのGood Year社製の軟式飛行船は、1943年7月にアメリカ海軍の練習用飛行船として竣工したL級の1隻(L-19)であった。
Photo #: NH 53294 Doolittle Raid on Japan, 18 April 1942,Naval History & Heritage Commandより
ドーリットル空襲前に補給を行うL級飛行船L-8(出典:Photo #: NH 53294 Doolittle Raid on Japan, 18 April 1942Naval History & Heritage Commandより)

L級の要目は全長45.0m、気嚢直径12.1m、星型7気筒空冷145hp×2、巡航速力74km/h、乗員2~4名、航続距離880kmで、1942年から翌年にかけてL-4~22の19隻が建造されている。
 なお、L-19は飛行船乗員の訓練に従事していた1944年11月、着陸の際の事故でエンジンと着陸脚を破損し、森に不時着する事故を起こしている。

 ちなみに先の写真のL-8は、訓練飛行中原因不明の理由で乗員2名が行方不明になり、無人となって漂っているところを発見されている。

 L-19は1947年に気嚢を新製交換、1951年まで各種試験飛行に従事した後、1952年には不稼動となった。そして1955年、西ドイツに売却されて"D-LAVO"と命名され、宣伝飛行に従事することになる。

Goodyear Blimp TZ123000, D-LAVO, Friedrich Schwab and Co. KG(出典:Air-Britain Photographic Images Collectionより)

 ドイツの空を飛行船が飛んだのは、1939年8月にグラーフ・ツェッペリンⅡが飛行して以来、およそ16年ぶりのことであった。1,700時間の飛行の後1959年に再度気嚢を新製交換し、その後10年間で6,000時間以上の飛行を行っている。
 なお、どうもこの期間水素を充填して飛んでいたフシがある。

 そして先述のとおり、旧L-19はドイツに続いて日本でも、飛行船復活飛行第一号船となったのであった。

 「キドカラー号」の日本での活躍期間は短かった。1969(昭和44)年4月4日夜、徳島の津田海岸埋め立て地で係留中に強風に煽られて制御不能となり、浮揚ガスの緊急放出が行われ、再建されることなく登録が抹消されている。千葉の航空科学博物館に、同船のエンジンだけが保存されている。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク