瀬戸内海に眠るコンクリート船(その3)

 太平洋戦争末期、戦時標準船2E型相当のコンクリート製輸送船が4隻建造された。いわゆる武智丸型であるが、そのうちの2隻は広島県呉市安浦町の安浦漁港の防波堤となって今に現存する。

第一・第二武智丸(広島県呉市安浦町安浦漁港,2013年7月13日筆者撮影)
第一・第二武智丸(広島県呉市安浦町安浦漁港,2013年7月13日筆者撮影)



 国土交通省の地図・空中写真閲覧サービスより、1962/05/31(昭37)撮影のMCG629-C13A-21の一部。第一・第二武智丸2隻を沈船防波堤とする工事は昭和25年春に完成し、当時は陸地と連絡していなかった。
呉市安浦町安浦漁港1962/05/31(昭37)
MCG629-C13A-21(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス

 1975/01/31(昭50)撮影のCCG-747-C22B-72の一部。この頃第一武智丸に繋がる東側の埋め立てが始まったらしい。
呉市安浦町安浦漁港1975/01/31(昭50)
CCG-747-C22B-72(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス

 1981/10/15(昭56)撮影、CCG814-C6A-34の一部。繋がったけれど、岸側の第一武智丸沖側の護岸工事はまだのようだ。
呉市安浦町安浦漁港1981/10/15(昭56)
CCG814-C6A-34(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス

-***-

 さて、4隻建造された武智丸型であるが、第一・第二武智丸はこうして沈船防波堤となり、第三武智丸は終戦直前に小豆島沖で触雷沈没、第四武智丸は終戦後神戸で座礁、廃棄されたと伝えられている。

 防波堤となる前、第一武智丸は機関故障のため、呉の警固屋地区でしばらく放置されていたらしい。第二武智丸は終戦後大阪商船に払い下げられたものの、ほとんど運航されずに廃棄され、大阪にいたとのこと。

 国土地理院の地図・空中写真閲覧サービス、1947/05/05(昭22)撮影のUSA-M280-77の一部。呉市警固屋地区やや北方、呉製鉄所沖に係留中のコンクリート船第一武智丸(推定)。
呉市警固屋地区沖合1947/05/05(昭22)
USA-M280-77(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス

 1番違いの連番USA-M280-78になると、こんなにも写り具合が変化してしまう。レンズの歪みなどもあって難しい。
呉市警固屋地区沖合1947/05/05(昭22)
USA-M280-78(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス

 色々ひねくり回してみたけれど、まあ、多分、そんなに間違ってないんじゃないだろうか。左からUSA-M280-77,USA-M280-78,GoogleMapより。
左からUSA-M280-77,USA-M280-78,GoogleMap

-***-

 コンクリート船は一旦は戦時計画造船に組み入れられたものの、戦局の悪化による計画縮小により最終的には中止されている。よって、武智丸型を戦時標準船とするかどうかは定義に拠ることになるかと思われる。

やすうら夢工房
 コンクリート船 武智丸

ヨコハマ造船所
 海軍コンクリート造船技術概要
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク