最後の重構桁道路橋

 戦後日本国内で用いられた重構桁(JKT)のうち、最も有名なものは大夕張地区に残存するいくつかの森林鉄道の鉄道橋及び林道の道路橋であろう。いくつかはまだアクセス可能な位置にあり、残りは状況によっては遠望することができるものと思われる。

下夕張森林鉄道夕張岳線第六号橋梁(2009年8月14日筆者撮影)
下夕張森林鉄道夕張岳線第六号橋梁(2009年8月14日筆者撮影)

 これら以外に重構桁が用いられた記録としては、国鉄で災害によって橋梁が流出した際に仮設橋梁として使用された例があるが、復旧に伴い撤去されて現存しない。応急橋・架設桁用として国鉄三島操機区に保管されていた重構桁は、昭和45年に廃棄処分になっているようだ。
 他に戦後しばらくの間、大阪で歩道橋として使用されていたこともあるが、やはり現存しない。

 一方、重構桁を改造・転用し、道路橋として用いられた例がいくつか記録に残っている。

1)深沢橋(栃木県) 不詳 鋼重49t 1947年(昭和22年)完成
2)渚橋(岐阜県)支間35m 58t 1948年完成
3)岩井谷橋(宮崎県)支間32m幅員5.5m 4列2段 53t 1948年完成
4)越野尾橋(宮崎県)橋長20m幅員4.5m 5列1段 26t 1948年完成
5)落合橋(滋賀県)3列1段 14t 1949年完成
6)広河原橋(宮崎県)不詳 16t 1949年完成
(以上出典:曽川正之追想録 (1982年),横河橋梁製作所『横河橋梁八十年史』(1987年))

 いずれの橋も現存しないとされているが、2)の渚橋が1985年末(昭和60年)まで残存した最後の重構桁道路橋であったようだ。写真も残されており、架橋されていた位置はJR渚駅近く、高山本線が飛騨川を渡る付近である。



 国土地理院の地図・空中写真閲覧サービス、1948/03/30(昭23)撮影のUSA-R1216-79の一部。未舗装であるからか白く見える道路を渡している、中央の橋が渚橋であろう。

岐阜県高山市久々野町渚付近(1977/10/20(昭52)撮影)
USA-R1216-79(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス

 同じく1977/10/20(昭52)のCCB7711-C1B-31より、国道の付け替え後の姿。晩年は人道橋として用いられたという。

岐阜県高山市久々野町渚付近(1948/03/30(昭23)撮影)
CCB7711-C1B-31(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス

 道路橋として用いられた重構桁のうち、最大級であろう本橋の往時の姿を伝える資料もある。

渚橋資料
(上段:曽川正之追想録 (1982年),下段:横河橋梁製作所『横河橋梁八十年史』(1987年))

 高山本線の脇にある旧渚橋の橋台跡。谷はそれなりに深さがあり、現存していれば中々見ごたえのある重構桁道路橋であったことだろう。

旧渚橋橋台
旧渚橋橋台,左手は高山本線(2016年1月11日筆者撮影)

 旧国道は一段高い位置に建設された新道への土盛りで路盤が埋め立てられ、接続を失っている。わずかに人の歩ける程度の幅の小径が残っているが、草木に埋もれて通行は難しい。

右岸旧国道41号
右岸旧国道41号(2016年1月11日筆者撮影)
 護岸の上のガードレールが新国道、石垣の途中に白く積雪しているところが旧国道の路盤の位置

 国道41号線を渡していた渚橋であるが、下流にある新渚橋が昭和42年8月完成であることから、その頃対岸を通る新道に切り替えられた後、昭和61年まで(少なくとも名目上は)人道橋として残存したようだ。旧国道は現在でも確認出来るものの、路盤の植生が使われなくなってからの年月を想起させる。

左岸旧国道41号
左岸旧国道41号(2016年1月11日筆者撮影)
 積雪している2つの平面のうち上側がJR高山本線、下が旧国道41号線の路盤。左手奥が旧渚橋架橋位置
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク