艦本式ディーゼルと2隻の2TL型戦時標準船【2017/3/12改稿】

 国土地理院の地図・空中写真閲覧サービス、1947/03/18(昭22)撮影のUSA-M124-103の一部。広島湾の大黒神島北部で擱座中の戦時標準船2TL型、さばん丸(1944年9月竣工)。

大黒神島北部(1947/03/18(昭22)撮影)
USA-M124-103(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス



 Naval History and Heritage Commandより、1945年7月24日に艦載機の攻撃を受けるさばん丸。すでに浅瀬に乗り上げて船体は半ば海面下に没している。同船はそれまでの空爆でこの場所で被弾着底していたものの、一旦は浮揚に成功して修理中であった。
80-G-490152 Raids on Japan, 1945
空襲下のさばん丸(出典:80-G-490152, Naval History and Heritage Command)

 同じく、1948/01/12(昭23)撮影のUSA-M731-115。徳山湾の西、太華山の麓で擱座中の戦時標準船2TL型、玉栄丸。

徳山湾西部(1948/01/12(昭23)撮影)
USA-M731-115(出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス



 この2隻に共通するのは、戦後浮揚されて再就役を果たしたこと。そして、新造時に搭載していた機関が艦本式ディーゼルだったことである。
 元をたどると、横須賀での空母改装時に撤去されてしまった大鯨の主機関である複動2サイクル10気筒6,800BHP(定格)の艦本式ディーゼル11号10型を単動化し、三菱横浜で建造されたこの2TL型2隻にそれぞれ片舷1軸分2基がフルカンギヤごと搭載されたらしい。改造後の定格は1基当たり1,560~1,800と資料によってばらつきがある。

 単動化してなお不調だったとされるこの11号とフルカンギヤ、復旧工事でさばん丸の主機は蒸気タービンに換装された(1949年)が、玉栄丸に新たに搭載されたのはなんと艦本式ディーゼル25号2型であった(1948年)。

玉栄丸
玉栄丸(出典:Australian War Memorialより)

 艦本式ディーゼル25号は、それまでの2号より製造と取扱いが容易で性能に優れた潜水艦主機として三菱神戸で設計・製造され、2型が1944年に試運転までこぎ着けたものの、戦局の悪化に伴い潜水艦には搭載されず、生産も中止されたものである。
 戦局の都合で量産されなかった最新型。。。何か心を揺さぶられるものがある(ような気がする)。25号の詳細と写真については社史「新三菱神戸造船所五十年史」の他、本稿末尾掲載の「日本の艦艇・商船の内燃機関技術史」に掲載されている。

 以後、日本水産所属となった玉栄丸は、計16次に渡る南氷洋捕鯨と漁閑期のペルシャ・アメリカからの原油輸送、後にミール工船に改装されてからは北洋での母船式漁業にも従事し、地球を十文字に駆け巡ることになる。

 生産数1基の機関、控え目に言っても扱いづらかったと思うが。。。トラック島で引き揚げた第三図南丸を日本まで長駆2千海里曳航し、また南氷洋で事故により沈没した冷凍工船摂津丸の最後を見届けるなど、1975年(昭和50年)に解体されるまで、波乱万丈の生涯を送った戦標船であった。
 なお、いつまで25号を搭載していたかは不明であるが、解体までに再度機関換装を行った記録は未見である。

CiNii 論文 - 日本の艦艇・商船の内燃機関技術史(第2次世界大戦終結まで) -艦艇用内燃機関編(その2)-
CiNii 論文 - 日本の艦艇・商船の内燃機関技術史(第2次世界大戦集結まで) -商船用内燃機関編(その6)-

艦本式ディーゼルとその戦後(その1)(本blog内記事)
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク