ミ18船団の戦時標準船K型3隻

Images reveal three more Japanese WWII shipwrecks torn apart for scrap

 国星丸、日金丸、日和丸。全部ミ18船団所属の戦標K型だなぁ、と思う。中国船の違法サルベージによって、これら三船の残骸が鉄くず回収目的で引き上げられたことを報じる記事。

1944年10月1日
国星丸(こくせい-,大阪商船)積荷不明,陸軍兵31船砲隊1船員15戦死

同10月2日
日金丸(ひがね-,日本郵船)ボーキサイト7,700t他,便乗者7警戒隊2船員6戦死
日和丸(ひより-,日本郵船)ボーキサイト7,790t他,便乗者4警戒隊3船員27戦死

 回収できるのはせいぜい3,000t/1隻くらいの鉄だろうと思うが、記事の下の方にはこれら沈船回収の一般的動機として、リン青銅製のプロペラと"Low-background steel"(いわゆる陸奥鉄)に言及している。戦標2Eで鋳鉄ペラのがいたと思うが、K型がどうであったかは分からない。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

天翔

Author:天翔

Webサイト天翔艦隊管理人がTwitterでつぶやいたネタを、再構成後に格納しています。

ほとんどチェックしていないので、コメント等への反応は保証できません。。。まあもしそんなものがあれば、の話ですが。

累計:現在:

Twitter
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク